うつ病にも効果

 うつ病は現代社会の最も深刻な疾患の一つです。

 

うつは、仕事、学習、睡眠、そして食べること等全ての能力を妨げる症状の組み合わせです。

 

人々を無力にさせる状態、それは人生の内にしばしば発生します。うつ病の人はめったに笑いません。

 

そして、よく笑う人はあまりうつにはかかりません。

 

笑いヨガは、思考認識を必要とするユーモアを使用せず、エクササイズとしての笑いを使用することで、世界中の多くの人たちの重度のうつ病克服の支援をしてきました。

 

これは、心の状態や認知能力に関係なく、誰もが笑うことが出来ることを意味します。

 

うつ病にかかっている人たちでも笑うことが出来るのです。

 

長期に渡って抗うつ薬を投薬してきたうつ病で苦しんできた人たちであっても、笑うことを通じてうつ病から回復する珍しいことではありません。

 

笑いヨガは、心の肯定的な状態を作り出し、希望に満ちた楽観的な態度を育てます。

 

このことにより、世界は、面白い人々に溢れ、楽しく素晴らしく、達成と幸福のための大きな可能性を秘めた場所だと思えるようになるのです。

 

この状態であれば、人々がうつ病や無力の感情に屈する可能性は低くなります。

 

笑いがストレスホルモンのレベルを低下させることが知られているように、瞬時に気分の状態を変え精神性を高める強力な治療薬なのです。

 

うつ病と連動したストレスは、ストレスのかかる事態に対処するための自律神経系の働きである逃避反応に必要ではない身体のシステムをオフにします。

 

これらのシステムには、免疫力、消化器系、生殖システムが含まれます。

 

これによりうつ病の慢性的ストレスは、セックスやおいしい料理を含む人々に喜びをもたらす活動に興味を失うことになります。

 

免疫力の低下は、人々を病気になりやすい体にします。

 

 

逆に笑いヨガは、身体に効果を起こします。

 

免疫力、消化器系、生殖システムをオンにし、食べ物とセックスに対する喜びを回復し、感染症や病気と闘うために体を可能にする免疫系を向上させます。

 

うつ病は、多くの場合、身体的な痛み、絶望感、食欲不振、身体の不動性、不眠症、心血管障害が伴いますが、笑いヨガを実践すれば、これらの症状のほとんどを解決するのに役立ちます。

 

笑いが、瞬時に心拍数を高め、血圧を低下させ、優れた有酸素トレーニングを提供し、痛みを緩和するからです。

 

腹の底からの長い笑いは、身体と心に対し、強力な癒し効果を持つ全身運動です。

 

身体の回復を強化することに加えて、病気からくるストレスに対処するための精神的なツールを提供し、感情の状態を大きく転換し、健康になりたいという強い動機を与えてくれるのです。