ふだん笑わない高齢者ほど「健康状態悪い」

ふだん笑わない高齢者ほど「健康状態悪い」

 

ふだんほとんど笑わない高齢者は、よく笑う高齢者と比べて、健康状態が悪いと感じる人が1.5倍以上に上ることが、千葉大学などの研究グループの調査で分かりました。

 

研究グループは「笑い」が健康に役立つ可能性を示すものだとしています。

 

高齢者の健康問題について研究している千葉大学や東京大学などのグループは、

 

全国の65歳以上の高齢者2万人余りを対象に、笑いと健康状態の関係について調査しました。

 

 

日常生活で声を出して笑う頻度を尋ねたところ、

 

 

「ほぼ毎日」と答えた人は男性で38%、女性が49%で、

 

「ほとんどない」と答えた人は男性で10%、女性で5%でした。

 

 

笑いの頻度に応じて健康状態を分析すると、

 

 

「ほとんど笑わない」人が「健康状態が悪い」と答えた割合は、

 

「ほぼ毎日笑う」場合と比べ男性で1.54倍、女性で1.78倍になりました。

 

従来の調査で、「健康状態が悪い」と答える人はその後寝たきりとなる割合や死亡率が高くなることが分かっています。

 

 

研究グループは「笑い」が健康に役立つ可能性を示すものだとしています。

 

千葉大学予防医学センターの近藤克則教授は「笑いと健康の密接な関係が示された。

 

メカニズムについてはさらに調べる必要があるが、高齢者は笑いを心がけてほしい」と話しています。

 

 

お知らせ

 

あなたも一緒に笑いませんか?

 

笑いの力でストレス解消して、心身を健やかに!

 

職場のみなさまのメンタルヘルスに!

 

笑いヨガの講師になれる笑いヨガリーダーの資格が2日間で取れます。毎月開催中!!

■詳しくはこちらから