笑いある生活で血糖値が改善する事例をご紹介 三重県松阪市

笑いある生活で血糖値が改善する事例をご紹介 三重県松阪市

笑いある生活で血糖値が改善
笑いある生活で血糖値が改善

 笑いある生活で血糖値が改善する

 

 糖尿病ではネガティブなストレス(不安、悲しみ、恐怖、怒り)によって血糖値が増加する。それではポジティブなストレス、すなわち快く思う、楽しい、嬉しい気持ちは血糖を下げるのではないかと筑波大学の村上和雄名誉教授は考えた。

 

2003年1月、2日間にわたってユニークな実験を行ったので、紹介する。

 

 実験参加者は2型糖尿病でインスリン治療を受けていない19人の患者(男性16人、女性3人:平均年齢63.4歳)、平均BMI23.5で少し太り気味、HbA1c平均7.2%で合併症のない症例を選んだ。

 

1日目は参加者に500キロカロリーの寿司を食べてもらい、その後「糖尿病のメカニズム」という単調な講義を40分間聞いてもらった。2日目は吉本興業の「B&B」の漫才を40分間聞いてもらった。それぞれについて、講義と漫才を聞く前後で血糖値を測定した。

 

 測定の結果、単調な講義の場合には食後2時間の血糖値は平均123mg上昇したことから、面白みのない講義は身体に悪いので聞かない方がよいことがわかった。

 

一方、漫才を聞いたときには77mgの増加を示し、これは専門家も驚く予想外の結果となった。

 

次に、患者の個別的変化と併せて見ると、腹を抱えて大笑いした患者では講義後と漫才後の数値で約80mgの差があり、ちょっと笑った人でも約36mgの差が認められた。

 

その結果は米国の専門誌に掲載され、ロイター通信が世界中にその実験結果を配信した。

 

 これまで、糖尿病患者には食事制限や運動とつらいことばかりを言わなければならなかった。

 

しかし、これからは「もっと笑いのある生活をしなさい。そうすると糖尿病もこれほどよくなるよ」と言えるようになった。

 

笑い(ラフター)ヨガを一緒にやってみませんか?

 

笑いの力でストレス解消して、心身を健やかに!会社(職場)のみなさまの健康(メンタルヘルス)に!

 

会社(職場)のみなさまの幸せとコミュニケーション(会話)力アップのために取り入れてみませんか?

 

毎月、三重県松阪市で笑い(ラフター)ヨガ体験できます。

 

こちらで開催しています。 笑い(ラフター)ヨガを体験する

 

笑い(ラフター)ヨガ出張体験講座(研修)開催中!!あなたの会社(職場)やコミュニティで笑い(ラフター)ヨガ体験もしていただけます。

出張体験のご案内は、こちらをご覧下さい。

 

笑い(ラフター)ヨガの講師になれる笑い(ラフター)ヨガリーダーの資格が2日間で取れます。

 

笑い(ラフター)ヨガリーダー養成講座(研修)を、毎月、三重県松阪市で開催中!!

■詳しくはこちらから

 

会社(職場)や各種団体での研修(講座)など、気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせは、LINEからお気軽にどうぞ。

友だち追加

 

 

LINEをやっていない方はこちらからどうぞ

笑いと健康の研究所(松阪)

 

《  

 

 》