笑い(ラフター)ヨガメディア取材・掲載

ミナツドエin津でゲンキ③ネットで、笑い(ラフター)ヨガが取材されました。2018.11.23
Miesc 三重県よろず支援発行に掲載  2018.12

松阪にあるよろず支援松阪サテライトで、動画編集の支援をして頂きました。

 

創業から起業まで、チラシ作成からホームページ作成など専門知識が必要で一人ではできないことを、無料で支援して頂けます。

笑いヨガ(ラフターヨガ)で起業をし、動画での説明が一番わかりやすいことから、全く素人の私でも編集できるように支援して頂きました。ありがとうございます。

 

動画のアップは、少しお待ちください。出来上がり次第ご紹介します。

 

 

 

がんサロン松阪で笑いヨガ(ラフターヨガ)を体験、医師でがん患者でもある参加者が感動の投稿 伊勢新聞2019.4.8

2019年3月17日リーダー養成講座二日目に、受講生と一緒にがんサロン松阪で最後30分に笑いヨガ(ラフターヨガ)をさせて頂きました。

 

そこに参加された医師でかん患者でもある方が笑いヨガ初体験の感想を伊勢新聞に投稿してくれました。とても嬉しい感想なのでシェアします。

 

昨年10月に笑いヨガ(ラフターヨガ)リーダーになったとのちゃんがリードする予定でしたが、急に来れなくなりピンチヒッターで交代。そして、リーダーのかえちゃん、ひめちゃん、受講生のちーちゃんと笑いヨガ(ラフターヨガ)をしました。

 

【がんサロン松阪は生きる力】大橋洋平(55)

先日、松阪市で開かれたがんサロンに妻と参加した。県北部に住まう私には、片道二時間の旅だ。終末期がん患者に関わる医師の私は、同様の会であれば主催者側だったが、昨年、胃の悪性腫瘍を手術、現在は抗がん剤治療を続けており、今回は患者側での参加であった。

 

講演者もがんを患う看護師だった。がんを告知された後、帰宅途中涙が止まらなかったと言う彼女の語りには心打たれた。なぜならば私以上に家族である妻がまさにそうだったからである。

 

その妻が特に喜んだのが最後に行われた笑いヨガの実演だった。作り笑いでいいのでまず笑う姿勢に私は驚かされたが、隣にいる妻はとにかく笑っていた。すると帰りに妻は「なにかスッキリした」と話し、普段の私の体調を憂うその表情は喜びに変わっていた。私はとてもうれしくなった。

 

このサロンは、参加者に生きる力を与えてくれると実感した。今後は私も自らのがん体験をふまえて患者とその家族に関わっていこう。それが私の生きる力になる。

 

伊勢新聞読者のページ 2019年4月8日

 

笑い(ラフター)ヨガを一緒にやってみませんか?

 

笑いの力でストレス解消して、心身を健やかに!会社(職場)のみなさまの健康(メンタルヘルス)に!

 

会社(職場)のみなさまの幸せとコミュニケーション(会話)力アップのために取り入れてみませんか?

 

毎月、三重県松阪市で笑い(ラフター)ヨガ体験できます。

 

こちらで開催しています。 笑い(ラフター)ヨガを体験する

 

笑い(ラフター)ヨガ出張体験講座(研修)開催中!!あなたの会社(職場)やコミュニティで笑い(ラフター)ヨガ体験もしていただけます。

出張体験のご案内は、こちらをご覧下さい。

 

笑い(ラフター)ヨガの講師になれる笑い(ラフター)ヨガリーダーの資格が2日間で取れます。

 

笑い(ラフター)ヨガリーダー養成講座(研修)を、毎月、三重県松阪市で開催中!!

■詳しくはこちらから

 

会社(職場)や各種団体での研修(講座)など、気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせは、LINEからお気軽にどうぞ。

友だち追加

 

 

LINEをやっていない方はこちらからどうぞ

笑いと健康の研究所(三重県松阪市)

対応エリア:三重県松阪市、四日市市、津市、伊勢市、鳥羽市、志摩市など